スキンケア

肌荒れはムダ毛の自己処理が原因?脱毛の種類もご紹介

「毛が多いと男らしい印象」は、既に妄想になりつつある?現代では、男性のムダ毛に嫌悪感を抱く女性も少なくありません。そのため、男性もムダ毛処理をしている人が多いのですが、自分のムダ毛処理で肌を傷つけている男性も少なくありません。

あなたの肌は大丈夫でしょうか?ここでは、ムダ毛処理による肌トラブルをまとめてみました。

肌荒れはムダ毛の自己処理が原因?

乾燥肌、白っぽい肌、粉を吹いたような肌

ムダ毛処理による肌荒れで最も多いのが、肌の乾燥です。カミソリやシェーバーで剃ると、肌に必要な角質も取れてしまい、肌のバリア機能が低下してしまいます。肌に白い粉がつくようなら深刻な状態なので、しばらくは脱毛をやめた方がいいかもしれません。

毛穴がデコボコして黒ずんで目立つ

剃るときに、毛穴の入り口を傷つけてしまうことがある。また、毛抜きや脱毛ワックスでムダ毛を根元から抜くと、毛穴の中が刺激されて、デコボコした毛穴になることがあります。特に毛を抜くと毛穴が開いたままになり、それが化膿してニキビができることもあります。

肌の黒ずみが気になる

ムダ毛の処理を慢性的に行っていると、肌に余計な負担がかかり、肌の中でメラニン色素が生成されるようになります。メラニン色素は通常、古い角質として自然に体外に排出されます。しかし、肌の新陳代謝が上手くいかないと、肌に色素が残ったままになってしまうことがあります。

毛が皮膚に埋もれている

カミソリで剃ったり、毛抜きでムダ毛を抜いたりすると、毛穴の出口にかさぶたができ、塞がれてしまうことがあります。この場合、毛穴の中で成長した毛は行き場を失い、再び皮膚の中で成長します。皮膚の表面から毛は見えますが、毛自体は皮膚の表面には出ていないので、処理したくてもできない状態になっています。

自己処理をやめるのが一番

このようなムダ毛処理による肌荒れやトラブルを防ぐには、自己処理をやめることが一番です。最近は、男性でも脱毛できるエステサロンも多いので、体験コースなどで試してみるのもいいかもしれません。エステサロンに通う余裕がない方や、エステサロンに抵抗がある方は、正しい方法でムダ毛処理をするようにしましょう。

エステサロンでの脱毛の種類

エステサロンの脱毛 には、さまざまな種類があります。ここでは、エステサロンで行われる脱毛の種類をご紹介します。

エステサロンで行われる3種類の脱毛方法

一般的にエステサロンやクリニックで行われている脱毛方法は、以下の3種類です。

ニードル脱毛
レーザー脱毛
光脱毛(フラッシュ脱毛)

この3つの脱毛方法にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った脱毛方法を採用することが大切です。信頼できるサロンやクリニックであれば、事前にしっかりとカウンセリングをしてくれるので、慎重に選びましょう。それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ニードル脱毛

その名の通り、毛穴の一つ一つに針を刺す脱毛方法です。針に電流を流すことで、ムダ毛を作り出す毛根を破壊し、脱毛効果を得ることができます。毛を1本1本処理するため、施術に時間がかかりますが、確実な脱毛方法です。ヒゲなどの毛の生え方をデザインしたい方にも向いている方法です。ニードル脱毛のデメリットは、針を刺す時に痛みがあることです。

また、施術中に炎症を起こしてしまい、赤みや腫れが出ることもあります。ニードル脱毛は施術する人の技術に左右されるため、信頼できるクリニックを利用するのがベストです。エステサロンではなく、医療機関では痛みを軽減するための麻酔を用意しているところもあります。痛みに敏感な方は、麻酔も利用した方がいいかもしれません。ただし、針脱毛は圧倒的に高額な脱毛方法です。

レーザー脱毛

針脱毛のような痛みがなく、比較的安価であることから普及した脱毛方法です。レーザー脱毛は、脱毛したい部位にレーザーの光を当てて行います。レーザー光は黒い色素に反応し、毛根にある毛母細胞にダメージを与えます。針脱毛に比べ、肌への負担が少なく、時間もかかりません。また、広い範囲を脱毛することが可能です。

ただし、施術する人の技術によっては、まれに火傷などのトラブルが発生することがあります。毛母細胞が眠っている毛穴は施術できないので、毛周期に合わせて何度かサロンに通う必要がある。レーザー脱毛のデメリットは、光がメラニン色素に反応する為、日焼けした肌やほくろに生えている毛は処理できないことです。

光脱毛(フラッシュ脱毛)

脱毛の原理は、レーザー脱毛と同じです。脱毛したい部位に光を照射します。光がメラニン色素に反応し、脱毛します。光脱毛は、レーザー脱毛よりも使用する電力が少なく、さらに肌に優しいのが特徴です。施術する人に高い技術が必要ないため、エステサロンの光脱毛は、他の脱毛方法と比較して一般的に最も安価です。レーザー脱毛よりもさらに痛みが少ないと言われています。

レーザー脱毛と同じく、毛周期に合わせて何度か繰り返す必要があります。また、レーザー光よりも拡散して広がる為、背中などの広い範囲を短時間で施術できるのも、光脱毛の特徴です。デメリットとしては、レーザー脱毛と同じで、日焼けしている部分やほくろなどの色素沈着がある部分には使用できないことです。

光脱毛は、自宅で使用できる家庭用脱毛器も販売されています。あまり技術を必要としない脱毛方法といえるでしょう。サロンに通うのが難しい方、サロンに行くのが苦手な方には、家庭用光脱毛器の利用がおすすめです。


きちんとしたカウンセリングをしてくれるエステサロンに通うのが良いでしょう。
どちらの方法もメリット・デメリットがありますので、サロンと相談しながら脱毛方法を決めて下さい。また、きちんとしたカウンセリングを行っている良心的なサロンで施術を受けることが大切です。

-スキンケア